歯科医院設立の際での開業資金の確保の現状について

基本的に自分だけの力で資金確保をしていく事は困難

自ら歯科医院の立ち上げを行い、独立開業をしていくといった形になりますので、そのための開業資金は必須です。そして、大抵の方は歯科医の資格を取得されてからは最初は勤務医としての形で技術を磨きながらお金を貯めて、後に独立起業をしていくようなイメージがあるのを、世間から捉えられがちなところが少なくはありません。しかし、正直、そうしたイメージでの先入観は大方間違っているところが少なくない実態があります。はっきり言えば、大抵の方の場合には開業という形で自身の歯科医院の設立をしていくための資金相場としては、大体のところ最低でも約4千万円台から6千万円台の間くらいの金額が相場になります。それくらいの金額は、どうしても必要になってくると言われています。その理由としては、最初に設定した金額での用意資金よりも、その設立時期などにおいて歯科業界での自分が持つ基本技術などの面で技術革新などがあったりした場合に、歯科医師会や行政側などからの指導で、追加の設備設置面においての資金などが必要になってくる面なども少なく無い事情から、そうした金額相場になってくる現状があります。特に大都会地域内での起業の場合、この用意資金相場での額は最低必要額になりますので、この点を理解をしながら準備をしていかなくてはなりませんので、大変困難さがあります。

開業医である以上中々借入先からの信用が得にくい現状

とはいうものの、勤務医からの開業という形、親の代からのそのままの引継ぎの際での就業形態変更の形、全くのゼロからの立ち上げ、等々、歯科医院の開業の形のは、このように様々なものがあります。しかし、どのみち開業医としての経営をやっていく就業形態の形になりますので、ある程度の著名さが無ければ中々、開業資金の借り入れをする際に信用されにくいといった事情があります。こうした事情から、どうしても自身の仕事上の伝や人脈面でのつながりなどを頼ったりしていく形にもなります。そうした開業資金面においての信用自体がどうしてもお金に関わるといった事情から、中々交渉をした本人達が応じたがらないといった面も少なくはありません。そうした中々、資金確保がしにくいといった現実もありますので、この事を留意をしながら交渉にのぞんでいく心構えが大切です。

追加段階での設備投資は必須の条件

これは先の本文1の段落内中盤部分でも触れましたが、初期設定以外での設備投資以外に、どうしても技術上の事情によっては追加分の資金が必要になってくる点です。その金額相場自体が優に2、3千万円台を超えたりしてしまう事も、やはり少なく無い現状についての報告もあります。つまり、最初に用意資金分の4千500万円を用意をしていても、先にも話した行政指導などでさらに、2、3千万円台必要になる事実がある事になります。そうした点などを踏まえたりした上で、なるだけ余裕ある資金確保をしていかなくてはなりませんが、その確保の方法自体を見つけていく難しさがありますので、まさに大きな課題です。

記事一覧