歯科医院の開設のための開業資金確保のやり方

歯科分野ならではの開業までの過程のあり方

大抵の独立起業での形の場合、歯科医院の立ち上げに関しての決断をしていくという点においては、それまでに勤務医として一定期間ある程度、歯科医師として働いてお金を貯めてから取り掛かるといった方も、実際にはおられたりしています。しかし、そうした方でも給料面での相場事情などもあり、1千万円規模の貯金をしていくだけでも正直大変な面は少なくはありません。特に育ち盛りのお子さんや障害を抱えたりしたご家族の方などがおられたりする歯科医の方などの場合、500万円程度貯金が出来るかどうかといったところが正直な現状と言えます。1千万円以上の貯金をしたりする事は実に困難と言えます。特に地方の中小都市などにある人口密度が低い場所にある田舎町の歯科医院の場合、給与が約20万円台以上いくかどうかといった金額相場です。大都会にある医院での給与に比べてみると、どうしても低いといった実態があります。以上の今話した各現状からしてみるとやはり正直、大都会・田舎町問わず、開業医として独立起業をしていくといった道は、どうしても困難である事が少なく無いあり方があります。そう考えてみるとやはり、一定期間だけ勤務医として実践面での経験を積んだりした上で、貯金などはある程度するもののそれを元手である開業資金の中心とはせずに、どこか物件相場が安い中小都市の郊外などでテナントや借り物件を見つけて、少ない資金でありつつ、最先端の設備で開業していくといった方法が考えられます。

資金集めの面でも扱う診療科目の内容による影響あり

先程の本文1では少ない開業資金で歯科医院での独立開業を目指していく形になると話しましたが、決してこうしたやり方も楽では無い事は言うまでもありません。事実、大都会部内でのテナントを通じての独立開業の場合、最低でも約4千500万円から5500万円台程度の資金が必要になると言われています。特に歯科医院では、どうしても診療科目などでの基本技術による影響で、設備投資面での総額なども変わる上に、技術革新時において開業資金などとは別に追加での、その分の資金なども必要になったりする事もあります。

基本的に設備投資面においてのコストの高さがある実態

人の歯を治療したり、正常な歯型などを成型をしたりしていく歯科医業界の分野に属する歯科医としての、独立起業という形ですので、その分、人体の一部分を扱う専門医師としての責任の重さは重大です。それだけにやはり、どうしても設備面においてのコストの高さが必要になってくる面は、正直否めないところが多々あります。しかし、それでも患者さん本人の身体や健康面での安全を守っていくといった意味ではやはり、どうしても最低限必要なものと言えますので、こうした点はある程度覚悟をしておく必要性はどうしてもあります。そうした点を踏まえながら、資金確保をしていかなければならない厳しさがある点は、不可避の課題であると言えます。

記事一覧