親が子供に話しておくべき防犯のこと

防犯 子供

子供が小学校に入学すると、子供だけの登下校が始まります。また、保育園や幼稚園に通っていた時と比べると預かってもらえる時間や日数も大幅に少なくなります。仕事が忙しい親にとっては大きな悩みの種となります。そして、学童保育などを利用したとしても、どうしても子供が一人で留守番をする時間が出来てしまいます。子供の登下校も含め、子供が一人の時でも安全に過ごすことが出来るように教育していく事も親としての大切な役割となります。通常の登下校だけでなく、地震などの災害が仕事中に起きた場合は、子供が一人で杉さなければなりません。小学校の入学を機会に、是非子供と一緒に留守番や防犯の対策を考えてみて下さい。ここでは、親が考える子供の防犯について、対策、気を付ける事など、詳しく説明致します。

防犯対策として、やっておきたいこと

防犯対策として、入学前にチェックしておきたいことは、子供が毎日通う事になる通学路です。地図上でルートを確認することも大事ですが、やはり親子で実際に下見に行く事をお勧めします。下見をする際に、具体的にチェックをしなければいけないことは、交通量が多い場所はもちろん、一見、安全そうに見える住宅街であっても昼間は人気がなくなるような場所は十分に気をつけなければいけません。その他、川や池など水場が近い場所、街灯がない道、など確認が必要です。また、下見の際、子供にも一緒に考えてもらうよう工夫が必要です。子供が自分から危ない場所であると認識してもらう声がけが必要です。下見と一緒に、いざという時の対処法も考えておくと良いです。子供が通学路で危険を感じた場合、どこに助けを求めるかの確認です。交番、商店、郵便局や公民館など公的な施設、ファミレスやコンビニなどの場所をチェックしておくと良いです。

所持していると安心な防犯グッズ

防犯対策として、通学路のチェックや、もしもの時の対処法はお伝えしましたが、それと合わせて、準備しておくと良いのが、防犯ブザーなどの防犯グッズです。通学時に、子供に持たせておくと安心に繋がります。ここでは、便利な防犯グッズについて説明します。防犯ブザーは、一番持たせやすいグッズです。今は、小学生はほとんどが持っており、ランドセルに付けています。しかし、大切なことは、いざという時に使えるかどうかです。すぐに鳴らせるところに付けているか、電池が切れていたり、故障していないかなど、定期的にチェックをして下さい。子供の防犯対策で最も大切なことは、親子のコミュニケーションです。子供の友達の名前、どんなところで遊んでいるのかなど、自分の子供の事を親がしっかり把握していないと、いざという時、どこを探して良いか分かりません。子供を守る一番の近道は子供との会話です。