子供の防犯対策には何が必要なのかお伝えします

防犯 子供

小学校へ通い出すと子供が自分の足で学校へ行き、授業が終われば自分たちで帰宅しなければならなくなります。それまで保育園や幼稚園に通園する場合は親が送り迎えを行うか通園バスなどを利用していたことから考えると通学に非常に不安と感じる人も多いでしょう。特に近年では小学生や中学生など幼い子供が犠牲となるトラブルが増加しており、こうしたトラブルはいずれも通学中に発生していることがほとんどです。多くの小学校では安全確保のために通学路が決められていたり、朝は通学団などでかたまって通学することも多いです。しかし学校によるこうした対策だけではなく、家庭においてもしっかりと防犯対策をすることが、トラブルに遭遇しないために非常に重要です。子供とできるおすすめの防犯対策について紹介していきます。

子供の通学時に必要な防犯の意識づけとは

毎日通う学校ですが、その通学路も必ずしも安全とは言い切れません。そのためにできる防犯対策としてまずは子供への意識づけが非常に大切です。例えば知らない人に話しかけられても耳を貸してはいけないと教えることは基本的なことですが防犯の意識をもたせるためには非常に大切なことです。また子供にはより具体的に、知らない大人に声をかけられて、ついてくるように言われたら一度家に戻って親に聞きにくるようにと伝えるとよいでしょう。また一人で帰ってこないように教えることも大切です。最初の頃は学校の計らいで集団帰宅する場合もありますが、慣れてくると一人で帰れる状況になる場合もあります。こうした状況にあってもできる限り一人にならないように教えることも立派な防犯対策の1つであるといえます。

子供の防犯対策におすすめのグッズとは

子供の防犯グッズと聞くとまず思い浮かぶのは防犯ブザーではないでしょうか。防犯ブザーは紐を引くだけで大きなブザーが鳴るもので、昔から防犯グッズの1つとして多くの子供が利用してきました。ランドセルに防犯ブザーをつけるフックが付いているものがあるほど防犯グッズとしては主流であるといえます。もちろんこうした防犯ブザーはいざというときに声を出すことが出来ない子供も多く重宝されています。また最近ではGPS付のキッズ携帯や通話やメール機能を持たないGPS端末が防犯グッズとして人気を集めています。こうしたGPS機能が付いていると子供が今どこにいるかなどが親のスマートフォンやパソコンなどからすぐに見ることができます。帰りが遅いなどのときにもすぐに対応することができるなどいざというときの為でもあり、日頃から安全対策として使用することができるためおすすめの防犯グッズです。