通学中の子供ができる防犯対策とは何か教えます

防犯 子供

最近では、さまざまな犯罪が横行しています。以前と比べると安全になったとはいえ、人間の欲望は尽きる事はありません。例えば人気のない場所での誘拐や拉致などは警戒しますが、人混みではしませんよね。人が多ければ安全と考えられてきた面もありますが、最近のニュースを見ている限り、そうとも言いきれなくなってきています。むしろ、公衆の面前での犯罪というものが目立つ傾向にあると言えるかもしれません。さて、そんな危険から子供たちを守る為に出来る事はなんでしょうか。子供が小さいうちは親と一緒に外出する事がほとんどですが、小学校に上がってからはひとりで行動する事や友達と行動する事が増えてきます。そうなると、親がずっと見守っているわけにもいきません。そこで出番なのが、防犯グッズというわけです。

防犯グッズの種類と特徴について

子供たちに持たせたい防犯グッズとして有名なのは、防犯ブザーです。これはピンを抜く事により大きな音を発生させるものです。大きな音で警戒し、人の注意を向ける事を目的としています。防犯ブザーもいくつかありますが、選ぶ時にコツがあります。まず子供たちが持ちやすいものというのは当然ですが、音の大きさも、なるべく大きなものを選びましょう。音が小さいと、ブザーの役割を果たしません。また、すぐに音が止められないようなものにしましょう。もうひとつの防犯グッズとしておすすめなのは、GPS機能です。これは親が子供の位置を把握出来る為、安心できるものになります。常に身に着けておけるようなものを選びましょう。最近ではGPS機能のついた防犯ブザーや携帯電話などもありますので、そういったものを活用するのもいいでしょう。

子供たちを守るために防犯グッズを利用しましょう

子供たちを危険から守る為に、防犯グッズを活用するのは、とてもいい事です。ただし、防犯ブザーなどは子供たちが自分で使う必要がある為、多少の練習は必要かもしれません。とはいえ、グッズだけで防犯が完璧かというと、そうでもありません。防犯グッズ以上にもしかしたら大切な事は、日ごろからの言い聞かせです。子供が小学生などの小さい場合は特に、通学路での危険を排除しておく必要があります。なるべく人気のある道を歩かせたり、万が一誰かに追い掛けられた時にどうするべきかを話し合っておく事が重要です。子供とはいえ、自分の身は自分で守る事も必要になってきます。暗くなる前に家に帰るとか、基本的な事からしっかりと守らせましょう。そうやって防犯意識を高める事は将来的にもきっと役立つでしょう。