歯科医院の開業資金を試算してみる

歯科医院を始める場合、機器の購入など必要な設備投資がどうしても高額になるため、一般的な店舗の開業資金よりもかかることは事実です。もちろん場所や条件によっても資金は大きく上下しますので、一般的なビルテナントとして開業する場合で試算してみましょう。また、資金を考える場合は一括りにするのではなく、設備投資資金と運転資金に分けて資産することが重要です。まず設備投資資金ですが、ここには医療機器の他に歯科医院の内装や外装なども含まれます。絶対に必須となるチェアユニットは、平均的な台数である3台で試算してみましょう。場所を確保するために必要な費用の内訳には、テナント物件の敷金礼金、保証金といった初期費用や家賃などがあり、これが約500万円です。そして医院の内外装にかかる費用が約1500万円、医療機器など設備費用が約1200万円です。材料費やパソコン機器などの事務機器の初期投資費用として約300万円、ここまでで計約3500万円となります。ただ、医療機器のグレードを上げたり内装費をかけたりすると、この金額はすぐに超えてしまうでしょう。

近年は広告費用も必要とされる時代

開業資金で忘れられがちなのが広告費ですが、大昔と違って開業時には多かれ少なかれ広告費の確保が必要な時代となっています。昔は開業さえすれば特に何もしなくても患者がどんどん集まって来たのも事実ですが、現代では少なくともWebサイトの準備は必須と言えます。人が新しい医院が出来たのを見かけた場合、まずその名前でインターネット検索をかけるのが当たり前となった時代。そこで安心して通える医院だというアピールが出来れば、開業後の患者の来院数にも大きく影響を及ぼすでしょう。Webサイトからは、院長が患者に伝えたいさまざまなメッセージや治療方針を、開業前から先んじて届けておくことも出来ます。集客だけでなくスタッフの採用活動にも影響がありますので、忘れずに予算を確保しておくことがお勧めです。

運転資金は軌道に乗るまでの必要資金

運転資金は、実際に開業して、医院経営が軌道に乗るまでの間に必要となる資金です。患者が徐々に集まり出したとしても、予約でいっぱいになるまでには相応の期間がかかるのが一般的です。十分な収入が得られるまで医院を維持する資金が必要ですし、保険診療の収入が支払われるのは治療の2ヵ月後となります。もし順調に開業直後から患者が集められたとしても、基本的に数ヶ月間は十分な現金収入は無いと考えておいたほうが無難でしょう。取り崩しが出来る運営資金がどうしても必要となりますので、運転資金は少なくとも1000万円くらいは用意しておくのが一般的です。そこで、前述の設備投資資金と合わせて4500万円から5000万円程度が、開業時に必要とされる目安となっています。

記事一覧